院長ブログ

BLOG

胃腸の不調や動悸に悩む45歳女性への鍼灸治療

患者様のお悩み

A子さんは、45歳の主婦で北九州市に住んでいます。

彼女の主な悩みは次のような症状でした。

胃腸の不調:みぞおちがキューとなり、起床時から痛み、げっぷを出さないと気持ち悪い感じがあり、良い時と悪い時が波のように来る。

動悸:首と頭の付け根に違和感があるときによく起こり、不快感をもたらす。

ふらつき:特に首と頭の不快感があるときに現れる。

その他、低血圧、朝起きられない、歯科麻酔で気分が悪くなることがあると訴えていました。

自身の解釈では、年齢的に更年期の症状や自律神経失調症の可能性があると考えていました。



来院までの経緯

A子さんの症状は、2023年7月に始まりました。

早朝に胃の不快感、ふらつき、気持ち悪さを感じ、病院を受診しましたが、検査結果に異常はなく、その後も症状が続きました。

2023年8月には地元の胃腸科を受診し、胃カメラ検査も行いましたが異常は見つからず、処方された胃腸薬も効果がありませんでした。

そのため、A子さんは当院での鍼灸治療を試すことを決意しました。



施術経過

A子さんの治療経過は以下の通りです。



1回目(2023年10月)

初回来院時、A子さんの状態を詳しくカウンセリングしました。胃腸の不調、動悸、ふらつきを確認しました。

施術では、特に胃腸の不調に焦点を当て、胃の気を整え自律神経のバランスを調整する鍼を行いました。

A子さんは初回の施術後、軽減された不快感を感じ今後への期待感を抱いていました。

2回目 – 8回目(2023年10月 – 2023年11月)

週1回の定期的な鍼灸治療では、症状の変化をモニタリングし調整を行いました。

胃腸の不調が軽減し食事の消化が改善したことで胃の不快感が減少しました。

動悸やふらつきも徐々に軽くなり、自律神経の調整が進行している兆候が見られました。

鍼灸師は、適切なツボを刺激しながら、A子さんの自律神経を整えるためのアドバイスも行いました。患者さんは治療の効果を感じ、施術に期待を寄せています。

9回目(2023年12月)

9回目の施術では、A子さんの症状がさらに改善していることが確認されました。


特に胃腸の不調はほぼ解消され、動悸やふらつきもほとんど感じなくなりました。

鍼灸師は、今後の治療プランを共に考え、月に1度の経過観察に移行することを提案しました。

A子さんは鍼灸治療を通じて体調が安定し、生活の質が向上していることに喜びを感じています。

全9回の治療経過では、A子さんの症状が段階的に改善していく様子が示されており、鍼灸治療がA子さんの不調に対して有効であったことが明らかになっています。

治療回数を重ねるごとに、症状の程度や頻度が減少し、最終的には月に1度の経過観察に進むことができました。



鍼灸師よりひとこと

A子さんの症状の原因には多くの要因が絡み合っており、その結果として自律神経の乱れが関与している可能性が高いと考えられました。


今回こちらには記載しませんでしたが、家庭環境で多くのトラブルを抱えておられたこともその一因であると考えています。

鍼灸治療を通じて、A子さんの体調は着実に改善しました。出来すぎなくらいです。

今後も月に1度の経過観察を続け、A子さんの体と心をサポートしていきます。

※これは鍼灸治療が著効を奏した一症例でその効果を保証するものではありません

所在地〒813-0013 福岡市東区香椎駅前3-5-19 諸岡ビル1F
tel092-672-3925(日曜・祝日 休 駐車場2台)

infomation

お知らせ

Reception

施術時間

9:30-14:00 -
15:30-19:30 - -

※9:30~19:30(最終受付)木曜午後・日曜・祝日 休

tel 092-672-3925

完全予約制
24時間いつでもWEB予約 お問い合わせ